教えて♪ Tell me♪
お疲れ様です。

こちらの記事をフラットさんの ずばり「国際恋愛」にTBします。

↓の記事でコメントを下さった皆様、Lありがとうございます。
ご心配おかけいたしましたが、何とかふっかぁぁぁっ!
させていただきました。
まだ多少変な感じはある日がありますが、だいぶ元気を取り戻しましたので、
そろそろ更新を始めますね。

さて、先週金曜日、私は会社の忘年会「ハイタイムキックオフ会」に参加をしてまいりました。
場所は、岡山市にあります「とりでい」。
その名の通り、とりがいっぱい出てくる居酒屋さんです。

今回、我らの上司が「同じ部署で固まって座らしたらおえん!」(→「おえん」とは「いけません」の岡山弁。)、また「わしの隣に座る人間がひとりもおらんのはおえん!」といい、
席は くじ引きで決定いたしました…
私がピックアップしたのは、Aテーブル
Aっていうことはもしかしてあのエロ上司と同じテーブル?????ひやひやしながら席に着いたら、一安心。親父はCテーブルに座っていました。

親父がいなかったため、案外楽しめました。
それでもね、やっぱり聞かれる質問は、

「旦那さんとどこで知り合ったんですか?」
「旦那さんといつもどんなゴハン食べてるんですか?」
「shanaさんって英語ぺらぺらなんですか?」
「shanaさんって、外国人のお友達いっぱいなんですか??」


などなど、外国人の旦那についてのことがいいいいいいーーーーーーーっぱい。
もう慣れましたけど、「ほれきた」という感じですね。

私のテーブルに座っていた方たちは、
「shanaさんが外国人と結婚しているのは知っていたけれど、あまり話さないので一度聞きたいと思っていた」
という人や、
「shanaさんんが結婚しているのは知っていたけれど、外国人と結婚しているとは思ってもみなかった」
という人や、
「shanaさんのこと自体知らなかった。」(涙)
という人ばかり。
だからなおさら突込みがくるわけです。

そもそも、私が外国人と結婚しているという情報はどこから回ってきたものか?

1.風のうわさ。
  お友達でもない人から「shanaさんって結婚されたんですよね?」と突っ込まれたとき、
  うわさで耳に入ったと聞きました。
  風はどこから吹いたのでしょう?
2.書類の盗み見。
  盗み見といったら表現が悪いですが、
  ある社員さんが書類を提出しに行ったときに、私の書類が在り、
  名前がカタカナになっていたので、「えー外人!?」と思ったらしく、
  周りの人に聞いてみたら国際結婚だった…
  その人は私のカタカナ姓を「アパートのことだと思っていた」らしい。
  ま、ありかもね。
3.賞与明細
  うちの会社は1年に2回賞与があります。微々たるものですが。。。
  その明細は、エロ親父が一人ずつ名前を呼んで渡してくれるのです。
  会社では私の諸々のものは、旧姓になっていますが、
  給与明細などはカタカナ姓。本名です。
  したがって、親父が私の名前を呼ぶときにカタカナで大声で呼ぶため、
  ざわめくわけです。

きっとこれらが源となり、おそらく広まっていったのでしょう。

ちなみに忘年会で聞かれた質問に対し、正直に答えた私は、すばらしいなと思いました。

今度聞かれたら

「外国人の旦那を道で拾いました」
「オーストラリア人なのでコアラをビールのつまみに食ってます」(これはいえないかも)
「shanaさんは50ヶ国語が操れ、動物とも会話できます。」
「shanaさんの友達の輪は政界まで広がっていて、ジョージブッシュともお友達」
(なりたくないね。)


とでも言ってやろうかしら…。

きっと私が妊娠したら、みんな

「ええーーーーshanaさんハーフですねーーー絶対かわいいーーー♪」

って言われるの間違いないわ。
絶対って、プレッシャー勘弁してほしい…
きっとみんな、私がはらんだニュースをネタに、色々と盛り上がるんでしょう。
きっと心待ちにして待ってますよ。今日だって聞かれたし。
「shanaさんって妊娠してないんですか?」って。
あせって自分の腹を見ましたが、「そんなに出てる?」と自問しましたよ。

その日が来るまでに、私はあの会社、辞めますから。

復活しょっぱなから、結構暗いねーshana。
でもね、きっと似たような経験をしている日本で働く外国人嫁は多いと思う。
じゃない?ひよこちゃん?cocoroちゃん?









Thank you very much for your concern about my headache.
Now I am totally fine, hopefully, no more headache.
I am now back to my blog and start updating again.

Last Friday, we had a year end party for my work.
and we call it "high time kick off party" because our office is getting
busier from next month.
It was held at an izakaya called "Toriday."
Maybe it is translated "Chicken Day."
Yes, it was a chicken day.
Full of chickens.

This time, because our boss said
"Friends shouldn't sit in the same table." and
"Someone have to sit next to me without any hesitation."
so we needed to draw a lot.
What I picked was "table A."
That really sounded like a table where that dirty boss sat down.
But hopefully, he was sitting down at table C.
Thank god he was not around me because last time,
when he was sitting pretty near to me,
he kept asking me a lot of questions about English and
couldnt have a great time at all.
He even sang his favourite songs of Elvis Presley....
No more Elvis this time.

However, because people around me dont know about me much,
everyone asked me questions like

"How did you meet your husband?"
"What kind of food do you eat at home?"
"Do you speak English very well?"
"Do you have a lot of foreign friends?"


Yeah, everything was related to my "Foreign Husband."
I am actually used to it so I felt "Here it comes" when someone started it.

But how were that fact I am married to Aussie heard by them?
Let me guess.
1. Rumor
Once, a girl asked me "I heard you got married,right?"
and she said she heard it from a rumor.
How did it start? Mystery....
2. Peeking my private documents
It sounds bad, but a girl went to delivery some files to personnel.
She saw my name was written as English foreign name on my doc.
She thought "Shana is a foreigner" but later found out the truth.
But she first thought my name is an apartment.
That could be happening in Japan.
3. Bonus slip
I get bonus twice a year. Not such a big amount of money.
My boss calls out the name of everyone and hands the payslip.
And it is also written in my real name, not maiden name.
Therefore, everyone starts to talk "what the hell?"

Those could be the sources.

So when people asked me questions like above at the party last friday,
I gave them perfect answers which were all true.

But next time when someone asked me, I would love to say,
"I found my foreign husband in the street."
"Because he is Aussie, we eat koala as a snack."(No, never can say it.)
"Shana can speak 50 languages, even talk with animals."
"Shana has friends who are politicians, even close friend of George Bush."
(Never wants to be his mate.)


If I get pregnant one day, they get really excited, I am sure.

"Oh youre gonna have a half-half kid! Must be really cute!"

They say so for sure.
That is a big pressure on me ladies.
They are waiting for the news of my pregnancy. Not yet. sorry.
In fact, one girl asked me. "Are you pregnant?" today.
I looked down my belly to check if it is that big to be considered
as preganant woman, but no! It is SMALL!!

But by the time I get pregnant, I wont be working in that office any more.

Maybe a lot of girls married to Aussie and working in Japan have
the same experineces.
I would love to hear that from some bloggers who are in the same situation.
[PR]
by shana-san | 2005-11-28 22:05 | shanaの日常
<< あまーいあまーい sweeti... Information >>