甘い運命
お疲れ様です。

shanaはオーストラリアへは一度しか行ったことはありませんので、
まだまだ知らないことばっかり。
カナダには以前お知らせしたとおり、いっぱい行きました。
アメリカにも何度も行ってます。
だから、shanaのお友達の何人かは、オーストラリア人と結婚するとき、
「えー、何か変な感じー。アメリカ人かと思ったー」
といいました。
それも許しがたい発言かと思ったのですが…
以前アメリカ人と付き合ってたこともありますし。。。


私もオーストラリアとのつながりはありますからね。
それもさかのぼるは今から11年前の中学時代にそのきっかけがあります。

ごらんに入れましょう…

1994年 shana 完全に中だるみの中学2年生。
       その割には行事に盛り上がる。が、勉強という言葉を遠ざける。       
        英語出会って2年目。
        夏休みを利用して、『岡山学芸館高校』の主催する国際交流キャンプに参加。
          この高校については、こちらをクリック。
        この高校、スーパーイングリッシュスクールに指定されていて、
        私立の高校ですが、相当英語に力を入れています。
        「英語科」っていう科もありで、2年にはオーストラリアへの1年間の留学が可能。
        もちろんお金もたっぷりかかります。
        高校にはオーストラリアからの留学生がたくさんいて、
        その子達との国際交流キャンプが開催されたので、友達と参加!
        が、初日になんか悪いものを食ったため、胃を壊して2日目に帰宅…
        初のオージーとのコラボは、水の泡となりました…

        でも、お友達の1人が、こちらの学校のオープンスクールとやらに誘ってくれ、
        そのキャンプに参加していたオージーと再会することができました。
        私のことも覚えていてくれて、「モウダイジョウブ?」といたわってくれました。
        その子の名前は今でも覚えてます。Amieちゃんでした。
        で、その後もクリスマスパーティーに参加させてもらったり、遊びに行ったり、
        「私オーストラリアに行こう!」と決めたのはこのとき。
        その誓いを裏切って、初の海外渡航先はカナダとなるのですが。
        これが、私とオージーの初の出会い…

1995年 shana 恋愛に燃える中学3年生。
        このころ初めて「彼氏」と呼べる人が出来、盛り上がる。
        が、勉強という言葉を遠ざける。 (受験生のくせに)
入試も私立の高校はだめと言われ、公立の高校に進学することに。
        
        この年、オーストラリアとの衝撃的な出会いを果たす。
        2人のあるオージーの女性と出会う…

        その女性がこちら…
e0084964_16531045.jpge0084964_1655827.jpg

        


(left) Cicilia Kemezysさん  (right) Moira Lawryさん(名前をクリックしたら二人のサイトへいけます)
       
この2人、私が恋愛に没頭する中3の夏休み、うちの田舎牛窓町に、
        「岡山国際交流フェスティバル」のためインディアンミュージックのバンド、
        "Dya Singh"のメンバーとしてやってきました。
        メンバーはみんな、町の家庭にホームステイ。
        そこでうちはそのホストファミリーに名乗りを上げ、
        当時29歳のCiciliaと、44歳のMoiraが我が家にHomestayしたわけです。
        
        ご覧のとおり、Ciciliaはフルート奏者。Moiraはハープ奏者。
        Moiraのハープがうちに3日間の滞在中、一緒に届いたときには、
        8畳の畳の部屋がハープの部屋になりました。
        でも演奏はチョーーーー綺麗。
        母は聞いて涙してましたからね。私も感動しましたー。
        3日間の滞在でしたが、二人にはいろんなことを教えてもらって、
        私もいい経験をさせてもらいました。別れは本当につらかった。
        今でもCiciliaとは交流があり、メールしたりチャットしてます。
        Ciciliaはキャンベラに、Moiraはアデレードに住んでいます。
        今度キャンベラにも立ち寄る予定なので、Ciciliaにも会わないとね。
        (もちろん、nemunemuさんとSatokoサンたちにも、会う予定にしてまっせー!)

このホームステイの模様を撮影した写真があるんですが、
         実家は昨年の台風で大洪水に巻き込まれ、
         写真もお水と共に流れてしまい、思い出がぱぁになってしまいました。
         あればこちらでお知らせします。
         中学生のずんぐり頭のshanaを、ごらんに入れましょうね。。。

その後も、高校の時には英会話の先生たちとであったり、
地元に来ていた留学生と交流したり…
オージーとの交流は少なからずありました。
大学の頃も、先生がいましたし…でも、やっぱりカナダには勝てませんでした…

しかし、その色目めがねでカナダを見つめる私に、
オーストラリアとの初めての出会いから9年たったころ、 
        
出会ってしまった、、、
e0084964_1782877.jpg



我が旦那


色々と学んでます。。。

ね、オーストラリアのかたとの、交流も、ちゃんと昔からあったのよ。

(って、高校大学のころは大して出会いもなかったね… いい男にも出会わなかったしね。彼氏もまともにできなかったし。。。)

みなさんとオーストラリア、または旦那さんの国との出会い、
さかのぼったらいつですか?
海外組のかた、そっちへ住むきっかけはなんでしたか??
旦那さんとの出会いも含め、ぜひぜひぜひぜひ知りたいな。


今日のタイトル、何か昼ドラの題名みたーい…
[PR]
by shana-san | 2005-11-03 17:46 | shanaの日常
<< 踊れセニョリータ♪ ズルイ女 >>